メニュー

医師

性病になったら

性病検査は医療機関以外にも保健所で受けることも可能ですが、保健所は予約が必要になることがあるので利用する時はあらかじめ問い合わせておきましょう。あと検査を受ける時は予約や検査番号が必要になるので、それもあらかじめ準備していくようにします。

看護師

検査を受けるタイミング

性病検査は保健所で受けることができます。検査項目が保健所により異なるので事前に確認することです。検査を受けるタイミングにより異なる検査結果が出る疾患もあるので、感染の機会がいつ頃かを覚えておくことも大事です。

注射

異変を感じた時

性病検査はレディースクリニックなどで受ける事が出来ます。症状がある場合は、保険適用にて検査を行う事が出来ます。ブライダルチェックのように症状はないけれども検査を希望する場合は自費になる可能性があります。

看護師

性病の予防と治療の方法

性病には、男性女性ともに様々な種類があります。性器のかゆみや排尿時の痛みなど、少しでも違和感を感じたら治療をかねて性病検査を受けてみましょう。早期発見、治療を行うことで、生殖機能を守ることにつながります。

ドクター

費用をしっかり把握しよう

お金をかけずに性病検査をするなら保健所ですが、検査項目が少ないのできちんと検査をするなら病院や検査キットを使って検査するのがいいでしょう。病院と検査キットの費用を比べると検査キットの方が安く検査することができます。

生殖機能の低下を防ぐ方法

人形

費用や方法

性病は、生殖機能の低下や劣化を招くこともある、とても怖いものです。予防、また早期発見、治療を行うために、定期的に性病検査を行うことが重要です。さて、そこで気になるのは性病検査にかかる費用ではないでしょうか。通常病院での性病検査では、健康保険が適用になる場合と、ならない場合がありますので注意しましょう。それによって負担額が変わり、金額が大きく変わるからです。健康保険が適用になる場合というのは、痛みやかゆみ、湿疹などの何らかの症状が生じている場合です。その場合は、治療もかねた検査ということになりますので、健康保険が使えます。逆に何も症状がないけれど、不安だから検査をしたい、といったような場合には、適用にならない場合があります。ただし、検査の結果、何らかの性病に感染していることが発覚してしまった場合には、適用に切り替えられることもあります。病院へ確認してみましょう。また、HIVの検査については、国が負担し保健所で無料で行えます。HIVは、命を落とす危険性もある深刻な病気ですので、保健所で積極的に検査を行ってもらいましょう。また、検査の内容についてですが、基本的に血液検査を行って判断されることが多いです。血液検査は、看護師によって採血を行ってもらい、その血を様々な検査キットにかけ、陽性陰性判定を出す、というものです。そのため、とても簡単で手軽な方法で行えます。何らかの症状が出ている場合、また気になる場合には積極的に性病検査を受け、生殖機能を守りましょう。