メニュー

性病の予防と治療の方法

看護師

性病の種類と検査

性病は、主に生殖器周辺に様々な症状をもたらす感染症です。早期発見、治療のために、性病検査を受けるということはとても大切です。さて、では性病にはどのような種類があるのでしょうか。男性については、淋病、梅毒、クラミジア、性器ヘルペスなどがあります。淋病は、睾丸の腫れやかゆみなどが症状として現れるため、比較的気づきやすい病気であると言えます。梅毒は、太ももや性器、肛門付近などにしこりや腫れ、湿疹などが現れるのが一般的です。性器周辺だけでなく、口の中や唇にも出来ることがあるので、性病だとは気付かない場合が多いという特徴があります。このほかにも、発熱や性器のかゆみ、排尿時の痛みなどの症状が出やすいため、そのような症状が見られた場合にはすぐに、治療もかねた性病検査を受けましょう。また女性の場合は、カンジダや膣トリコモナスなどが、よくある性病の一部です。カンジダは特になりやすい性病の一種で、性器のかゆみや排尿時の痛みなどが症状として現れます。トリコモナスは、かゆみや痛みに加えあわ状のおりものが出るという特徴があります。女性の場合は、おりものの変化によって違和感が多いため、日ごろからチェックしておくと良いでしょう。またこれらの一般的な性病検査は、基本的に血液検査や尿検査になります。短時間で終わるので、症状が少しでも出た場合はすぐに病院へ行き、検査を受けてみるようにしましょう。性病検査によって発見出来る病気、予防出来る病気がありますので、積極的に検査を受けることが重要です。